足の爪の役割

体には手と足に爪があるよね。

同じ爪なんだけど、手と足の使い方が違うから、それについている爪の役割も使い方も違うんだよ

なので、その使い方にあった形にしていくのが大切で大事なのです

しかし!

その形にしている人はなかなかいない

なぜって?知らない人が多いから

手の爪の形と足の爪の形が違う形に整えるなんて、知らない人が多いよね

手の爪の形を足に採用している人が多いの。

だから、足には合ってないからトラブルの元になるのです。

そこが一番大事なんだけどね。

まずは、足の爪の役割からいこうかな?

指先を守る

  指の先にまで骨は無いですね。

  指先はお肉しかないのです。

  なので、ぶつけたりするとすぐ怪我をしてしまうので、爪で指先を守っています。

指先を柔らかく保つ

  指先は感覚が敏感であることが必要です。

  そのためには、指先が柔らかくないと。

  爪は指先を柔らかく保つ役割があります。

指先の力を強くして踏ん張る力を強くする

片足立ちや踏ん張るときに指の先で行います。

  しっかりとできるように爪を使っているのです。

  爪が使えないと他のところを代わりに使ってなんとかしようとします。

  それがトラブルの元になるのです。

爪ってあんまり気にかけてもらえないけど、体にとって意外と大切な役割を果たしているのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です