子供の靴はカカトも大事

子供の靴は大きさもすごく大事だけど、カカトをしっかりと保護できる靴がオススメ

骨が柔らかいから外からの影響を受けやすいのです。

カカトがしっかりと保護されてて、指が自由に動かすことができるもの。

そんな靴がオススメです。

子供の足は成長期にはすぐ合わなくなってしまいます。

そのまま気が付かないと、びっくりするくらい変形してしまう場合があるのです。

ある子は靴が小さくなって、足が痛いのにお母さんに言えなくて、気がついた時には足が纏足のようになってしまっていました。

少しずつ少しずつほぐして、足の裏が床につくという感覚を感じることができました。

靴の中で足がギュッとしていると、イライラもしやすくなったり、かんしゃくを起こしたり、精神的にも不安定になります。

我慢もしているので呼吸も浅くなります。

いろんな弊害も出てくるので、気をつけてあげてください。

よくわからなかったら、靴屋さんにいるシューフィッターさんに相談するのもありだと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です