今どきの子供と若者の足って…

今どきの子供と若者(40歳前後から下に見られる。そのくらいより下になればなるほど多くなる傾向。)の足。

特に特に中学生以下は多く見られる足。

ここ何年かさらに多くなってきた感じのある足。

それは、

  • 色が白い。
  • 足の指が真っ白。
  • 力がなく見えて、プラプラしている。
  • 足が冷えている。
  • 触るとヒヤッと冷たい。
  • 指に節がなくてツルッとしたウインナーのように見える。
  • 感覚が鈍いので、触られても変化がよくわからない。
  • 指先に体重をのせると言う事がわからないし、出来ない。
  • 歩く時、足を前に出して床に着く時に、指を上げてしまう。

まだまだあるけど、主にこんな事が見られます。

特に立った時にこんな風に指が床についていないのは、要注意ね。

意外と多いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です