歩くと踵がカパカパ外れる靴

サイズが大き目な靴とか、踵がしっかりと固定できなくて歩くと外れてしまう靴とか、脱ぎ履きが楽なサンダル様の物とか履いていませんか?

歩く度に踵がカパカパとはずれるということは、一回一回靴を脱いで、また履き直してを繰り返しているということと同じなんです。

それを歩いている間、動いている間、ずっとやっているのは、足にとってもかなりな負担になります。

それでなくでも、足はかなりの負担をカバーしているのに。

足首にも膝にも足の関節にも負担がかかってしまいます。

骨の柔らかい子供たちは、その負担はいろんなところに出てしまいます。

本当は履かない方が良いと言いたいところですが、学校の指定とかオシャレしたいとかいろいろありますよね。

私は履いてはいけないとは言わないです。

履いてもいい。その代わりに自分の足を大切に大事にして、足のケアをやるのです。

足に負担のかかるような靴を履いたとか、動いたとか、運動したとか、そういう時は、きちんとケアをして、足を元の状態に戻しておいてあげれば、足は変形しないしトラブルにもならない。

足のメンテナンスです。

これを怠ってしまうから、ドンドントラブルにもなってしまうのです。

やり方はわからない?

それは当たり前。

学校でも親も教えてくれないから。

だって、そういう教育はないんだもの。

日本にはそういう教育が残念ながら根付いてないのです。

だから、自分たちでやるしかないんです。

『ばろねす』では、

足を大切にしていくことをやっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です