爪も歳をとる

爪も歳をとります。

爪は皮膚と同じく、歳をとります。

皮膚は、皮膚が厚くなってきたり、シワ、シミ、くすみetc

年齢を重ねると出てきます。

それは、誰しもが避けては通らないところ。

皮膚の一部の爪も同じこと。

爪の場合は、厚くなる、色がくすむ、透明感がなくなる、乾燥する、縦にシワができる、白っぽくなってくるetc

歳を取ったら出てくる症状。

これらは病気でも怪我でもないのです。

でも、その歳を取ったらから出てくるものと違うものもあるのです。

たとえば、横縞

横にシワがあるのは、違います。

たとえば、厚み

ある程度の厚さ以上になるのは違います。

たとえば、色

真っ白い斑点や白い線はちがいます。

歳を取ったから、変わっていくものと、トラブルや病気でなるものは、違います。

そこを見極めて、適切な対処って、とっても大事です。

その違いを理解するって、自分の足を守るのに大切なポイントになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です