3つのアーチ

足の裏には3本のアーチかあるんです。

アーチの役割は、

立ったり、

歩いたり、

走ったり、

ジャンプしたりした時の

足が受ける衝撃を吸収して和らげるんです。

親指から小指にかけての

横アーチ

親指からカカトにかけての

内側縦アーチ

小指からカカトにかけての

外側縦アーチ

この3本が崩れてくるといろんなトラブルが出てきます。

横アーチが崩れてくると

開張足といって、足の幅が広がって、

中指や薬指の付け根が

落ちてきます。

そうすると、中指や薬指の付け根の辺りが

硬くなって大きなタコになったり、

小さなタコやウオノメがたくさん出来たりします。

歩くと痛みが出たりします。

内側縦アーチが崩れてくると

扁平足になったりします。

外側縦アーチが崩れてくると

左右のバランスが悪くなり、

カカトが外側に倒れやすくなります。

どちらも足が疲れやすくなります。

心当たりありますか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です