靴の履き方で変わっちゃう

靴を履いて、つま先をつけたまま、踵を上げてみた時に、踵から靴が外れたとしたら、それは履き方が違うのよ。

靴の底に足がピッタリとはなれないのが、

良いのです。

足と靴が一体化しているのが理想。

きついのはよくはないけど、緩すぎるのも良くないのです。

足の幅が広くてとか、

甲が高くてっていう人も

多いと思うけど、

そういう人は、

紐やベルトみたいな物で、

調節できるものがオススメ。

でも、たまにはおしゃれしたい時もあるじゃない?

そしたら、履いた後はお手入れをして、緊張した足を緩めてあげるがとっても大事です。

やり方とかは、『ばろねす』の中で、セルフメンテナンス講座を使ってお伝えしていこうかなって考えています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です