ケアの感想いただきました。ありがとうございます。

感想をいただきました。

 『足裏に豆ができ、はじめは皮膚科に行ったりしたのですが、治ってもまたすぐにできるので気になっていました。

その内に大きなトラブルになるといやだな、との思いから受けましたが、カルチャーショックを受けました。足に負担をかける生活をしていてもっと自分を大切にしたいと思いました。

爪の切り方や靴のはきかた、洗いかたにも気を配っていきたいと思いました。』

タコは悪いものではないのです。

足を使っているところが体にとって

負担になっているので、

骨や関節の変形やトラブルに

ならないように

皮膚を厚くして

守っているのです。

タコは無理矢理とったり削ったりすると

体は怪我したと思って

慌てて厚くして、その部分を守ります。

なので、タコを削って少しでも綺麗にした

はずなのにすぐ厚く硬くなってしまった。

大きくなってしまった。

と、いう経験のある方は

それはやりすぎです。

タコは貴方にとって、

貴方を守ってくれているのです。

出来た理由やタコの目的を理解して

ケアをするのは意外と重要だったりします。

早く改善したいと思ったら、そこはとても大切だと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です