聞いたこと、共通点があるかないか、探してみて!

手の爪と足の爪、ほとんどの人は

手の爪と同じように足の爪を切っている。

手の働きと足の働き、使い方が違うので、

その部品の爪は同じ形ではいけない。

ネジとか釘もそうだけど、使う場所によって

形や長さは変わります。

その場所にあったものを使います。

爪も同じ、

手にあった長さや形

足にあった長さや形

が、あるのです。

でもね、扱い方は基本は同じ。

扱い方の話は手でも足でも

そんなに変わらない話をします。

そこは手も足も繋げて聞いて欲しい。

それができたら、理解度さらに上がっていきます。

わからなかったこととかも、聞くことが

しやすくなります。

わからないのは当たり前なのです。

わかっていたら、

今とは違う足の爪と手の爪だったでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です